algonote

機械学習とか

React Native Meetup #7まとめ&感想 #rnjapan

React Native Meetup #7に参加しました。

Swagger駆動開発と最新のRedux構成

API開発の難しさにはフォーマット、バージョン管理、実装待ちがある。それぞれOpen API、 Git管理、スタブサーバーが解決策でSwaggerならできる。

関連ツールが多くハマりどころも多いが、Swagger Editor, Swagger Codegen, Swagger UIが標準ツール。


最近採用事例が急に増えてきた印象。実際の流れがわかってよかった。

CodePush と Circle CI でリリースを高速に回す

資料

CodePushはOver the Airのツール。アプリのJavaScript部分を好きな時に更新できる。 App Centerに移行されたが緩めの移行。Rollback機能もあり

ReactNative開発を高速化させる技術

全員でUdemyのReact Nativeコースをとって学習。SketchからReact NativeにConvertできる。

React Nativeで作る色々なジェスチャー

ダブルタップは前回タップからの差分で検知する。ドラッグはPanResponderを使用。スワイプ、ピンチインなども低レベルのAPIを組み合わせてジェスチャーを実装している。


レイヤー低いところから作るのはつらそう。いいライブラリないのかな

Navigation in a hybrid app

React Native Navigationは100%RNだがnativeとmixできない。airbnb navigationはhybrid可能だがまだbeta。今はNativeのモジュールを自前で書いている。Androidは割と簡単。iOSの方が複雑。

BLE on React Native

CureAppは呼気のCOチェッカー。BLEを使っている。 モジュールの選定項目第一は技適。ライブラリはreact-native-ble-managerが活発にメンテされていておすすめ。通信の流れについてもdocに書いてある

その他所感

会場の入場にはまった。メールに書いてあったんですね。
ほとんどの人が気づいていないようだったので、connpassの方でもメールに記載がある旨を書いた方がいいかもしれない。

発表の方は1時間半に6件と盛りだくさんだった。React Nativeの話だけでなくSwaggerやBLEのパートもあり、知見の広がる勉強会だった。