algonote

機械学習とか

デジタルトレーディングカードゲームのルールの比較(MTG vs Hearthstone vs Shadowverse)

デジタルトレーディングカードゲームのAIについて調べた際のメモ

f:id:hiromichinomata:20190923185904p:plain:w200

前口上

トレーディングカードゲーム(TCG)のAIに関する論文は特定のゲームをベースにしていることが多い。異なるゲームでは当然ルールに違いがあり、論文を読む前提としてゲームのルールを把握しておくことは大事。

論文件数の多いマジック:ザ・ギャザリング(MTG)とHearthstone、和製ゲームで人気の高いShadowverseを比較してみる。MTGはMTG Arenaをメインの参考としている。

TLDR

f:id:hiromichinomata:20190923185227p:plain

ヒーローの体力

何点分ダメージを受けると負けとなるか。多いとプレイ時間が長引く。

  • MTG: 20
  • Hearthstone: 30
  • Shadowverse: 20

ヒーローパワー

Hearthstoneでは選んだヒーロー自体がPPを消費することで能力を使える。

デッキ枚数

  • MTG: 60以上
  • Hearthstone: 30
  • Shadowverse: 40

デッキ切れ時の挙動はゲームによって違い、MTG/Shadowverseではカードがないライブラリーからカードを引こうとしたら負け。Hearthstoneではデッキがなくなった場合、体力を1減らし、2ターン目以降はデッキが無くなった時点からのターンの数だけ体力を減らし続ける

同一カードの枚数上限

大きいほど強いレアカードを固めたほうが強い傾向にある。Hearthstoneはカードのレアリティーによって制限枚数が変わる。

  • MTG: 4
  • Hearthstone: 2(レジェンドは1)
  • Shadowverse: 3

初期の先行の手札の枚数

少ないほど最初の手札の悪さに引きづられる。

  • MTG: 7
  • Hearthstone: 4
  • Shadowverse: 4

手札枚数

多いほど1ターンに取れる選択肢が増える

  • MTG: 7
  • Hearthstone: 10
  • Shadowverse: 9

進化

Shadowverseでは同一のカードが進化することでき、カードの能力が上がる。

PP

カードのコストをどうやって支払うか。Hearthstone, ShadowverseではPPの上限は10に設定されている。

  • MTG: 土地カード
  • Hearthstone: 毎ターン+1される
  • Shadowverse: 毎ターン+1される

ダメージ

モンスターが受けたダメージが次ターンに残るか。デジタルゲームは計算するだけなので基本残る傾向。紙のゲームの場合、ポケモンカードなどではダメージマーカーがあるが少し煩雑になる。

  • MTG: 毎ターンリセット
  • Hearthstone: 残る
  • Shadowverse: 残る

ブロック指定

モンスターが攻撃をブロックする際、ブロックを指定するのがどちら側か。

  • MTG: 防御側
  • Hearthstone: 攻撃側
  • Shadowverse: 攻撃側

場に出せるカードの上限数

多いほど逆転しづらい

  • MTG: 無限
  • Hearthstone: 7
  • Shadowverse: 5

カードを出す位置の指定

Hearthstoneではカードを真横に置いているかの位置関係が重要となる。

マリガン

TCGでは初期手札が悪い場合デッキの他のカードと交換することができる

  • MTG: 全交換のみ。マリガン後に引ける枚数が1減る
  • Hearthstone: いらないカードを選んで交換
  • Shadowverse: いらないカードを選んで交換

コミ

後攻は先攻より不利なため。どのゲームでも初期手札が1枚多い。 さらにHearthstoneではコイン、Shadowverseでは進化権が1つ多く渡される。

多人数戦

MTGでは1対1以外の遊び方がある。

視線確認、手札の位置

Hearthstoneでは相手の選択している場所を見ることができる。また何枚目の手札を使ったかもわかる。

環境の回転速度

トレーディングカードゲームでは新しめの拡張を使ったゲームルールがあり、一定の周期で使えるカードから外される(ローテ落ち)。現在の使えるカードや相場感を指す用語として"環境"がよく使われる。

1年で発表される拡張数

  • MTG: 4
  • Hearthstone: 3
  • Shadowverse: 4

環境の回転周期

  • MTG: 1.25年
  • Hearthstone: 2年
  • Shadowverse: 1.5年

イラスト

MTG, Hearthsotneは実写より。Shadowverseはアニメ風。

プラットフォーム

  • MTG: Windowsのみ
  • Hearthstone: Windows, Mac, スマホ対応
  • Shadowverse: Windows, Mac, スマホ対応

所感

ちょこちょこ違いますね。他にもあれば教えてください

Future Work

シャンチーと将棋比較してみるとか