algonote

There's More Than One Way To Do It

ファイナンス

〇〇Payの顔認証によるeKYC(本人確認)の比較

郵送に頼らず本人認証 前口上 日本において銀行口座やクレジットカードを新しく作るときに従来であれば本人限定受取郵便など郵送によって実在性を保証することが多かったと思います。 ネット完結の本人確認は個人情報の扱いでの一悶着でLINE経由での住民票交…

XTechのエキサイト再生に見るレガシー組織にならないためのプラクティス

老舗IT企業の再生に習う 前口上 エキサイトは同名のポータルサイトを運営する企業でで20年以上続く老舗IT企業です。2018年にXTechに買収され4期連続赤字の状態からV字回復を果たしたと報道されています。 DXなんて言葉がはやる程度には伝統的日本企業のIT化…

ウマ娘で学ぶ競馬

ゲームで競馬について学んでみる ウマ娘とは ウマ娘はCygamesが提供しているゲーム。実際の競馬の競走馬を元に擬人化したウマ娘たちをトレーニングすることでレースを勝ち進めていく。 競走馬にはオスとメスがおり、オスを牡馬(ぼば)、メスを牝馬(ひんば)と…

2020年に読んだ本、個人的トップ5

振り返りの続きです。毎年恒例ですが1年で読んだ本の中からよかった本を紹介します。 実践CVC 独立した投資組織でなく事業会社から派生したCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)を実施する際の進め方のハウツー本。 日米共にCVCの投資は増加傾向。ミド…

『CTO・エンジニアリングマネージャー養成読本』が発行されました

進化しました TLDR nextpublishing.jp Impress R&Dさんからお話があり「CTO・エンジニアリングマネージャー養成読本」を広く世に出すことになりました。発売開始しているのでよろしくお願いします! Amazon Kindle、楽天Kobo、Apple Booksなどで電子書籍を買…

『CTO・エンジニアリングマネージャー養成読本』を書きました

初同人誌 TLDR 『CTO・エンジニアリングマネージャー養成読本』を書きました。 技術書典のサイトで電子書籍として購入できます。 techbookfest.org 技術書典9は2020年9月12日(土)-22日(火)が期間で終了次第Boothでも販売する予定。 内容 このブログに書きた…

ラッキンコーヒー匿名告発まとめ 〜根本的に破綻しているビジネス編〜

ラッキンコーヒーの告発レポートを読んだメモ。パート2のビジネス分析。 TLDR ラッキンコーヒー匿名告発まとめ〜根本的に破綻しているビジネス編〜 pic.twitter.com/uedtTJTCAZ— H. NOMATA (@hiromichinomata) April 19, 2020 Luckin Coffeeとは 2020/12追記…

資本政策の振り返り(Sansan)

Sansanの一の部を読んだメモ Sansanとは Sansanは名刺サービスを提供している会社。ブランド的には法人向けのSansanと個人向けのEightがある。 売り上げ、利益、人員 売り上げは伸びているが直近の利益が、、、。赤字上場。 人員の半分くらいがフリーランス…

資本政策の振り返り(メルカリ)

メルカリのⅠの部読んだメモ。 メルカリとは メルカリはCtoCのマーケットプレース。雑に言えばヤフオクのスマホ最適化版。最近は決済サービス(メルペイ)も出しており、去年上場した。 売り上げ、利益、人員 リリースからずっと単調増加している。日本に絞れば…

資本政策の振り返り(ラクスル)

ラクスルのIの部を読んだメモ Iの部とは 企業が新規上場する場合、新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)を提出する必要がある。 スタートアップにおいて、株を少しづつ投資家に売って資金を獲得しながらグロースさせていくわけだが、上場企業と違い、I…

株式投資型クラウドファンディングの資本政策

FUNDINNOのデータを分析してみた。 株式投資型クラウドファンディングとは 通常KickstarterやCAMPFIREのようなクラウドファンディングの"支援"は寄付や購入に近い性質を持つものであり、クリエイターから感謝されたり、商品が届くことはあっても、それ自体で…

VC DB: 日本のVCのファンドサイズ一覧

VCのファンドサイズが気になったので少し調べたメモ。 VC一覧がない スタートアップの一覧が見たければSTARTUP DBなどがあり、エンジェル投資家の一覧が欲しければAngel Listなどいくつかサービスがあるようだ。 VC一覧サービスないかと探してみると、名前の…

2018年に読んだ本、個人的トップ5

2018年もたくさん本を読みました。計78冊。技術書減らしたら非技術書が増えてトータルだと去年と同じくらい。その中から印象に残った5冊を紹介。 中小企業経営者のための 絶対にカネに困らない 資金調達 完全バイブル 中小企業経営者のための 絶対にカネに…